歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまったら?

虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまった場合、その箇所を人工歯で補う必要があります。その選択肢は、インプラント治療・入れ歯治療・ブリッジ治療の3つ。当院では、患者さんのお口の状態やかけられる費用などに応じて最適な治療法をご提供しております。お気軽にご相談ください。

インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失ってしまった箇所の骨にチタン製のインプラントを埋め込み、それを土台に人工歯を装着する治療法です。入れ歯やブリッジとは異なり、土台がしっかりとしているため、噛む力は天然の歯を変わりません。また、バネを使用していないので審美性にも優れています。
インプラント治療は、治療後もしっかりとメンテナンスをしていればずっと長持ちさせることができます。人工歯がお口の中に入っているため、通常よりも細菌が増えることもございますので、健康な口腔内を維持するためにも定期的なメンテナンスは欠かさずお受けください。

インプラント治療のメリット
  • 天然の歯と同じ力で噛める
  • 噛み合わせが安定している
  • 失った歯の本数が多くても対応できる
  • 審美性に優れている
  • 定期的なメンテナンスで長持ちできる
インプラント治療のデメリット
  • 治療期間が長い
  • 外科手術が必要
  • 費用が高価
  • 歯科医院や自宅でのケアが必要

入れ歯治療

当院の入れ歯治療では、歯科技工士が医院に出向いて直接患者さんのお口の中を見ています。歯並びや噛み合わせ、色味や形など、その場で打ち合わせしながら作製していくことができるため、しっかりとお口にフィットする精度の高い入れ歯をご提供させていただきます。
当院では、保険適応ができる「保険義歯」から、義歯床が金属でできた「金属床義歯」、バネがなく審美性に優れた「ノンクラスプデンチャー」などの自費のものまで、幅広い種類の入れ歯をご用意しております。もちろん、現在の入れ歯が合わない、噛めないなどのお悩みがございましたら、入れ歯の調整も行っております、お気軽にご相談ください。

入れ歯治療のメリット
  • 大きな欠損にも適応できる
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 取り外し可能でお手入れが簡単
入れ歯治療のデメリット
  • バネがかかる周囲の歯に負担がある
  • 噛みにくい
  • 装着時の違和感が強い
  • 発音がしにくい
  • バネのあるものは見た目が悪い

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは、両隣の歯を削って土台にして、そこに人工歯を装着する治療法です。ブリッジには保険適応のできるものとそうでないものがあります。健康な歯を削るデメリットはありますが、保険治療が可能なため、欠損歯が大きくない場合には多く選択されています。

ブリッジ治療のメリット
  • 固定されているため入れ歯より違和感は少ない
  • 保険が適応される
ブリッジ治療のデメリット
  • 両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 土台の歯の負担が大きい
  • 発音がしにくい
  • 歯と歯の間に食べかすがつまりやすい
  • tel:03-6413-0552
  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • top_tel_sp.jpg