院長より患者様へメッセージ

はじめに

閲覧頂きましてありがとうございます。
また、数ある歯医者の中からきたむら歯科経堂を選んで頂きありがとうございます。

何かと分からない歯医者選び、折角ご来院頂けるのであればよい治療を提供したいと考えております。

良い治療と言っても、その場しのぎの治療で一時的に痛みを取り除いたとしても、のちに歯を失う治療は良い治療だと思っていません。1度失ったら戻る事のない、大事なお口の健康管理だからこそ、良いパートナーとなれるようまずは我々の治療方針や考え方をお伝えしたいと思います。

ご理解頂き来院頂けるのであれば、一生涯あなたの口腔環境をお守りする覚悟で治療させて頂きます。

閲覧頂きましてありがとうございます。
また、数ある歯医者の中からきたむら歯科経堂を選んで頂きありがとうございます。

何かと分からない歯医者選び

折角ご来院頂けるのであればよい治療を提供したいと考えております。
良い治療と言っても、その場しのぎの治療で一時的に痛みを取り除いたとしても、のちに歯を失う治療は良い治療だと思っていません。

1度失ったら戻る事のない、大事なお口の健康管理だからこそ、良いパートナーとなれるようまずは我々の治療方針や考え方をお伝えしたいと思います。

ご理解頂き来院頂けるのであれば、一生涯あなたの口腔環境をお守りする覚悟で治療させて頂きます。

そもそも虫歯治療とは

虫歯の治療は、削らなければ進行を止められなくなってしまった虫歯に対してしょうがなく削って人工物を詰める行為で、元通りになっているわけではなく、逆に詰めた人工物は多くの場合で劣化が起こるため、治療するイコール一生詰め替え続けることのスタートを切ることになります。

それに対して初期虫歯はまだ削らなくても進行を止められる段階の虫歯で、硬いエナメル質内にとどまっているものをいいます。

従来、初期虫歯は定期健診で経過を見ながら、進行してしまったら治療を行いましょうというスタンスを多く認めました。

しかしながらこれは、具体的なアドバイスもなく、様子を見るイコール放置です。進行することを指をくわえて待っているにすぎません。

いつかは削らなければなりません。

きたむら歯科経堂での取り組み

そこで我々は、唾液などを調べることにより、患者さんごとの弱点を見つけ出し、虫歯予防のための具体的なアドバイスを行い、また適切なメンテナンス期間をお伝えし、虫歯にならない環境や虫歯が進行しない環境を整え、それを維持するように努めています。

また多くの患者さんが多かれ少なかれ歯周病にかかっているのも関わらず、無症状であることも多いため、その治療やメンテナンスの重要性を理解されている患者さんは多くありません。

年を重ねてご高齢になった時に、昔はそんなこと教えてくれなかった、もっと早く歯医者に通っていればよかったと後悔する方が多くいらっしゃいます。

高齢になって歯を失うのは加齢現象ではなく虫歯や歯周病が原因なのですが、これらは細菌の感染症のため歯医者で虫歯や歯周病を予防することができます。

そこで当院では、穴が開いてしまった虫歯に対して、何の説明や予防対策も取らずにただ単に人工物を詰めて、終わりましたよ、よかったですね、これで大丈夫ですといったような無責任な行為はしたくないと考えています。

患者さん自身がお気づきになっていない問題を、お口の中のプロとして検査・診断をした上でご指摘させていただき、それを改善していくことで生涯にわたって健康な歯で過ごせるように、笑顔で過ごせるようにサポートさせていただきたいと考えております。

初診時の流れ

そのために、初回は検査や診断、今後の治療の流れのご相談で1時間程度お時間を頂戴しております。

虫歯のリスク検査をご希望の患者さんは2度目の来院時に歯磨き練習と合わせて行わせていただいております。

3度目の来院時に虫歯に対する弱点の改善のためのアドバイスをさせていただいたうえで、歯周病の治療としての歯石取りを開始させていただきます。

見えるところの歯石取りは痛みも伴わないためすぐに取りきれますが、歯肉に隠れた歯石を取らなければならない場合は痛みを伴いますので麻酔の注射が必要になります。

隠れた歯石がお口の中の全体にある場合であっても、すべてに麻酔の注射を行い歯石を取ることは保険診療では認められておらず、また菌を体内に取り込み発熱などの恐れがあることから通常は推奨されていません。

最後に

当院にいらしていただいた方には、生涯にわたって健康な歯で過ごせるように、笑顔で過ごせるようにサポートしたいと考えていますので、上記のようなガイドラインに沿っての診療をお勧めしておりますので、実際に歯を削ったり、詰めたりするまでに何度か通院していただく必要があります。

皆さん、なるべく歯医者にはいきたくない、少ない回数で終わらせたいと考えていらっしゃること思いますが、1番痛くなくて、コストのかからない方法はメンテナンスによる予防です。

これは生涯にわたって歯医者に通い続けることを意味します。
虫歯は何か月も何年もかけて進行します。
急にできたものではありません。

心配するお気持ちがあるからこそ来院されたと思いますし、そのお気持ちは分かりますが、何事にも順序がございます。

まずはしっかり基礎を固めるところにご協力いただいて、その上で削ったり詰めたりする診療に入った際にはしっかりと処置をさせていただきたいと思います。

しかしながら、そうはいっても痛みの症状の強い方、お時間が取れない方、見た目の改善が必要な場合、どうしても診療の費用が厳しい場合など諸事情もあるかと思いますので、早期の処置が必要である場合は、問診票に記載する欄もございますし、歯科医師に言いづらければ受付のスタッフなどに言っていただいても構いませんので、お申し出いただければ対応いたしますのでよろしくお願いします。

  • tel:03-6413-0552
  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • top_tel_sp.jpg