口腔外科

親しらずの抜歯

親しらずは、20歳前後に、前から数えて8番目に生えてくる歯です。親しらずは、生えてくる人と生えてこない人がおり、生えてきた場合でも必ずしも抜かなければいけないわけではありません。抜くべきなのか、残していていいものなのかは、しっかりと歯科医院で診断してもらうことをおすすめいたします。すでに痛みや腫れがある方は、早めにご来院ください。親しらずの抜歯は当院でも行っていますし、難症例の場合には責任を持って専門医をご紹介しております。

顎関節症

顎が痛む、顎を動かすと音がする、お口が開きにくい・閉じにくい、噛み合わせに違和感がある。そんな症状があれば、それは顎関節症かもしれません。また、頭痛や肩こり、腰や背中の痛みなど、全身的な症状が現れる場合もあります。顎関節症の原因は、噛み合わせのズレや食いしばり、歯ぎしり、ストレスなどさまざまです。マウスピースや補綴治療で噛み合わせの調整をしていくことで改善していきます。これらの症状が見られる場合には一度歯科医院での診断をお受けください。

噛み合わせ

歯の本数が少ない、食事の時どの歯で噛んでいいのかわからない。そんなお悩みをお持ちの方は、噛み合わせが本来の位置からズレてしまっている可能性があります。噛み合わせが悪いと、お食事などによって一部の歯に負担がかかり、お口の周りの筋肉に痛みが出たり、顎がガタガタになってしまったりすることも。
治療法としては、マウスピースを用いて噛む位置を正しい場所に誘導していきます。さらに、詰め物やかぶせ物などの補綴治療を行うことで、より正しい噛み合わせを取り戻すことができます。すると、お口の中の最大接触面積でお食事をすることができるようになり、一部の歯に負担をかけることもなくなります。

  • tel:03-6413-0552
  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • top_tel_sp.jpg